人と地球にやさしい会社 興栄商事株式会社

企業排出物の収集運搬とその再資源化・適正処理化の業務を通して
産業と暮らしの両方に貢献する循環型社会を目指しています。

Koei-News

地域支援活動(西ティモール)の活動状況

更新日:2011年2月21日RSS Feed

 興栄商事グループでは、WFP(世界食糧計画)の地域支援活動に協賛しており、西ティモールの家族及び植林活動(カシューとジャトロファ)を支援しています。
 このプロジェクトは、西ティモールの1家族に0.16haの土地を提供し、カシューやジャトロファといった換金性の高い樹木を植樹することで現金収入を増やし、尚且つCO2削減にも貢献していく支援活動です。
 3年目以降は植樹した木の果実・種の収穫が少しずつ始まると予測され、西ティモールの貧困問題解決に寄与出来ると見込まれております。

 現在、WFP及びカーボンフリーコンサルティング株式会社の調査では、カシューの木は75.47%、ジャトロファでは65.68%の木が生存しており、今も成長しているということが分かっています。
 また、今回 興栄商事の看板を製作し、弊社が支援している家族の畑に設置致しました。

地域支援活動_興栄商事の看板、カシューの木、ジャトロファの木

 今後も 興栄商事では国内外を問わず、社会貢献活動を進めて参ります。

「興栄商事の森」の取組みが表彰されました

更新日:2011年2月18日RSS Feed

 この度、カーボンフリーコンサルティング株式会社より「継続植樹賞」を頂きました。
2008年10月~2010年12月の期間、内モンゴル自治区内にある「興栄商事の森」において、継続して植樹活動に貢献したことが表彰されました。

 「興栄商事の森」で植樹活動を続けることは、地球温暖化の要因でもあるCO2の削減につながります。興栄商事は引き続き植林活動に参加し、着実に地球温暖化防止に貢献して参ります。

継続植樹賞 表彰状

カーボンオフセット 実績報告

更新日:2011年2月10日RSS Feed

 温室効果ガスであるCO2の削減に協力する為に開始した平成20年10月~平成22年11月までのカーボンオフセット量は、総計 約 26万3,773 kg-CO2e となりました。
 また、カーボンオフセットの一つとして実施している、内モンゴル地区での植樹本数は 720本 に到達しました。
 カーボンオフセット量の基準には、「横浜市脱温暖化行動方針(CO-DO30)」及び「京都議定書の目標である25% CO2削減」を基に設定しております。

各レアメタルの産出国 第一位

 毎月のオフセット量は、全事業所・事務所の電気・ガス・水道・軽油の使用量から換算したCO2排出量を基に割り出しており、毎月のCO2総排出量を25~30%オフセットしています。

 カーボンオフセットの手法として、「内モンゴル地区での植林活動」、「国内クレジット制度」、「J-VER制度」といった制度を通じて実施しています。
 これらの活動を通じて、今後も事業運営上で発生してしまうCO2を削減し、積極的に地球温暖化防止に貢献して参ります。

各レアメタルの産出国 第一位

参考)kg-CO2eとはCO2換算値の事で、温室効果ガスの単位です。kg-CO2eの“e”はequivalent(訳:等しい)から来ています。

興栄商事グループ“謝恩セミナー”を開催しました

更新日:2011年1月25日RSS Feed

 平成23年1月21日(金)に、興栄商事グループ主催の「謝恩セミナー」を開催しました。
 日頃のご愛顧に感謝の意味を込めて、この度のセミナーを開催いたしました。当日は約200名もの参加者が集い、セミナー内容が充実していたこともあって大盛況の内に閉会いたしました。

会場風景
開催日時:平成23年1月21日(金)13:00~16:45
開催会場:横浜市都筑公会堂 講堂
主  催:興栄商事グループ

≪プログラム内容≫
第一部 「興栄商事株式会社の紹介」
興栄商事株式会社 代表取締役 岩本守


興栄商事株式会社の紹介1 
興栄商事株式会社の紹介2

興栄商事株式会社の紹介3 
興栄商事株式会社の紹介4

弊社の事業内容であるリサイクルを通して、どのようにCO2を削減しているのかを紹介しました。
◆内モンゴル地区での植林活動によるカーボンオフセット(興栄商事の森づくり)や、国内クレジット、J-VER、地域支援
 活動の取組みにおいて少しでもCO2削減に寄与していきます。
 現在、内モンゴル地区での興栄商事の森づくりでは累計800本の木を植えています。今後は1万本の森づくりを
 目指し、継続して実施していきます。
◆最も費用の掛かる手解体・手作業にこだわるのは、リサイクル率を上げるためであり、少しでもリサイクル率を高めて、
 資源を世の中に蘇らせていきたいと考えています。

ライン


第二部 「実務レベルでの各種取組の紹介」
興栄商事株式会社 営業部 柾木慎一


実務レベルでの各種取組の紹介1
実務レベルでの各種取組の紹介2

ライン


第三部 「エネルギーコスト削減最前線の事例紹介」
     「廃掃法の改正内容について」
講師:株式会社船井総合研究所 廃棄物処理業ビジネスコンサルティンググループ
     グループマネージャー チーフコンサルタント 貴船隆宣様


エネルギーコスト削減最前線の事例紹介1 
エネルギーコスト削減最前線の事例紹介2

ライン


第四部 特別講演「経営者と捕手の相関性について」
講師:萬世リサイクルシステムズ株式会社 代表取締役
    NPO法人 Reライフスタイル 理事長    藤枝慎治様


経営者と捕手の相関性について1 
経営者と捕手の相関性について2

ライン


閉会   興栄商事株式会社 常務取締役 中村安男

会場風景
 弊社の初めての試みである謝恩セミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。
 感謝感謝の気持ちでいっぱいです。重ねてお礼を申し上げます。
 尚、ご講演頂いた株式会社船井総合研究所 チーフコンサルタント 貴船隆宣様と、特別講演頂いた萬世リサイクルシステムズ株式会社 代表取締役 藤枝慎治様には大変貴重なお話を頂きまして、興栄商事グループを代表して御礼申し上げます。

ライン

 お客様からは、「社長が地球レベルのことを考えていると思った。」、「ビジネスの参考になった。」、「手作りで、内容のある講演だった。」、「またこのような機会があったら是非参加したい。」など、多くの声を頂きました。

 セミナーにご参加頂きました皆様に、この場を借りて心より深く感謝申し上げます。
 今後も興栄商事グループはお客様との絆をもっと深め、邁進して参りますので宜しくお願い致します。

都筑区社会福祉協議会に寄付を行いました

更新日:2011年1月20日RSS Feed

 社会福祉法人 横浜市都筑区社会福祉協議会の福祉事業を支援するために、従業員の善意で収集した義援金30,000円を寄付致しました。

 都筑区社会福祉協議会では、福祉教育や子育てサポート・障害者福祉・高齢者福祉システムなど様々な活動をしています。興栄商事はこの活動に賛同し、支援するために寄付を行いました。


都筑区社会福祉協議会から頂いた御礼状

 今後も興栄商事は社会貢献活動に一層の力を注いで参ります。

2010年 募金実績報告

更新日:2011年1月14日RSS Feed

 興栄商事グループでは、役員及び社員の善意による 社内での募金活動を実施しています。従業員より寄せられた募金は、国境なき医師団を始め 様々な団体に寄付させて頂いております。
 2010年1月~12月の実績として、興栄商事グループは以下の募金・寄付を行いましたので、ご報告させていただきます。また、募金活動開始の2007年からの累計数値についてもご報告いたします。

2010年 募金先

【過去の募金額・募金先】

募金収集総額(2007年~2010年)

  245,325円
募金支出総額(2008年~2010年)
  110,000円
募金先:赤い羽根共同募金、国境なき医師団、歳末助け合い
       募金、日本赤十字社、横浜あいあい募金

 今後も引き続き募金活動を実施していき 更なる社会貢献活動に努めていきます。
 また、最新情報につきましては、このKoei-Newsに随時掲載していきますので是非ご覧下さい。

《NPO活動》2010年 キャップ回収実績報告

更新日:2011年1月11日RSS Feed

 皆様のご協力を賜り、2010年1月~2010年12月の1年間で18,704.4kgのペットボトルキャップを回収することが出来ました。このキャップの重量はポリオワクチン18,704人分に相当し、三種混合ワクチンであれば41,565人分に相当します。


2010年 ペットボトルキャップ回収実績

 また、2007年~2010年の累計は65,666.2kgという重量が出ています。これは、ポリオワクチン65,666人分に相当し、三種混合ワクチンであれば145,925人分に相当します。
 回収されたペットボトルキャップは、NPO法人 ReライフスタイルよりJVC(世界の子どもにワクチンを 日本委員会)を通じて寄付されます。更に、ユニセフを通じてワクチンに交換され、世界の子供たちに届けられていきます。

 今後も興栄商事はペットボトルキャップ回収等を通じて社会に貢献して参ります。皆様の変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。

NPO活動のページ に回収実績等、最新情報を随時掲載しておりますので、是非ご覧ください。

平成22年 興栄商事グループ納会

更新日:2011年1月7日RSS Feed

平成22年12月29日に、興栄商事グループの納会をタイクーン(横浜市中区新山下)にて開催しました。
納会には総勢80名の従業員が参加しました。

岩本社長より挨拶を頂き、コーエイメタル 稲田社長の音頭で乾杯をしました。

    岩本社長より挨拶 
稲田社長の音頭で乾杯
            < 岩本社長より挨拶 >                     < 稲田社長の音頭で乾杯 >

岩本社長より
 個々の自由な発想を集めた上で、全員で一丸となっていく大切さを確認した一年であり、確実に良い方向へ
向かっていることを感じている。
 今年は卯年。兎のように素早い情報察知と、素早い判断をしていく。何事も待っているのではなく、
自ら行動を起こすようにすること。


各部署より挨拶1 
各部署より挨拶2
< 各部署より挨拶 >

 
和気あいあいとした雰囲気で楽しんでいました 
和気あいあいとした雰囲気で楽しんでいました
< 和気あいあいとした雰囲気で楽しんでいました >

 
納会の様子1 
納会の様子2
< 納会の様子 >

  中村常務より締めの挨拶 
応援団長の登場
 
         < 中村常務より締めの挨拶 >                   < 応援団長の登場 >

最後は中村常務の挨拶と、興栄商事 応援団長からのエールによって納会は閉会しました。

2011年も興栄商事グループを宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます

更新日:2011年1月6日RSS Feed

昨年中は格別のお引き立てを賜り、心から御礼申し上げます。

また、本日より2011年の営業をスタート致しました。更なる躍進を目指して社員一同邁進して参りますので、

本年も変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。

合同 安全・環境整備パトロールの実施

更新日:2010年12月28日RSS Feed

12月27日(月)に、年内最後となるパトロールを実施しました。
今回より、安全委員会と環境整備委員会が 月1回の合同パトロールを開催して参ります。


パトロール中
<パトロール中>

パトロール中
<細かいところもチェックを怠りません>

今まで出ていた課題は、ほぼ年内に改善することが出来ました。
一部、残った課題については来年の1月中に改善することを決め、来年以降も更なる改善に努めていきます。

先頭に戻る