人と地球にやさしい会社 興栄商事株式会社

企業排出物の収集運搬とその再資源化・適正処理化の業務を通して
産業と暮らしの両方に貢献する循環型社会を目指しています。

Koei-Newsイベント情報

エコプロダクツ2012 に出展しました

更新日:2012年12月19日RSS Feed

2012年12月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトで行われた環境総合展「エコプロダクツ2012」に出展いたしました。開催期間中、展示会の来場者は17万人を超え、小・中学生からビジネス関係者まで多種多様な来場者が訪れていました。

興栄商事グループは5年連続の出展で、ブースサイズを拡大したことにより情報公開の幅も以前よりも拡大しました。
 今回のブースは『リサイクルの流れ』、『自動販売機のリサイクル』、『興栄商事の得意分野』、『CSR活動』の4つのコーナーを設置し、どこからでも入れるような作りにしました。


エコプロダクツ2012

*コーナー説明*
『リサイクルの流れ』…“OA機器や小型家電などの一般的な商材を再資源化するまで”の流れ
『自動販売機の流れ』…フロンガス回収を始めとした処理の基本から各種素材の再資源化について
『興栄商事の得意分野』…大型機械設備の解体・撤去、機密情報の物理破壊等、優良評価制度の認定取得等について
『CSR活動』…興栄商事の日頃行っている環境活動や、興栄通信の閲覧コーナーを設置

*解体ショー*


エコプロダクツ2012


 毎日5回実施した解体ショーでは、多くの来場者に興味を示して頂きました。今回はノートパソコンと家庭用ゲーム機の解体とHDDブレーカーでの物理破壊を実演し、その他レアメタルや再資源化についてご紹介しました。

*キーワード集め*


エコプロダクツ2012


ブースの中に散らばめられたキーワードを5つ集めて興栄商事のノベルティと交換するというゲームを開催し、子供から大人まで大盛況でした。

*展示物*


エコプロダクツ2012

各コーナーでは各種パネルや解体品・破砕品を展示し、キャップのピラミッド等の装飾を手作りで作成したり、“再資源化の推進”や“キャップをワクチンに換える社会貢献活動”への協力を呼び掛けました。

3日間を通して、大勢の方々に興栄商事ブースへお越し頂き、弊社の事業内容及び環境・社会貢献活動内容を知っていただくことが出来ました。
弊社は、今後も貴重な資源を蘇らせる企業として事業運営を行って参りますので、宜しくお願い致します。

先頭に戻る