人と地球にやさしい会社 興栄商事株式会社

企業排出物の収集運搬とその再資源化・適正処理化の業務を通して
産業と暮らしの両方に貢献する循環型社会を目指しています。

コラム

第8回 チャレンジ25から考えるCO2削減方法

更新日:2011年6月3日RSS Feed

 2020年までに1990年比でCO2を25%削減することを目標に掲げた日本。この目標を達成し、地球温暖化を防止していく必要があります。
 一体どのようなやり方で私たちはCO2を削減していくことが出来るのでしょうか?


~チャレンジ25から考えるCO2削減方法~

チャレンジ25から考えるCO2削減方法

① ちょっとした意識でCO2削減になる方法
・エアコン…夏は冷房を28度に、冬は20度に設定。
 →ベランダ・庭のあるところはグリーンカーテンを
  作る。
・蛇口をこまめに閉め、節水を心がける。
・車よりも公共機関、自転車を選ぶ。
② 省エネ型に買い替えをする
・エアコン、冷蔵庫、テレビ、自動車で省エネの物に
 切替える。
・白熱電球から電球型蛍光灯・LED照明に切替える。
・節水型トイレに切替える
③ 大きな効果が期待できるもの
・太陽光発電、太陽熱温水器を導入する
④ CO2削減につながる仕組みや商品を選ぶ
・カーボンオフセット商品や木材利用製品を選択
・地産地消の商品を選択

 家庭でのCO2排出量で多いのは第一位 電気38.4%、第二位 ガソリン28.5%となっていて、消費電力が高いのは第1位 エアコン、第2位 冷蔵庫、第3位 照明器具、第4位 テレビの順となっています。
 最新の物と数年前の物とを比べると 省エネ化が急速に進んでいるので、消費電力の高いものから順に買い替えていけば、非常に効果的です♪
 それに、省エネはCO2削減だけでなく、節約にもつながるので一石二鳥です
 ちなみに興栄商事ではグリーンカーテンを設置しており、他にも事業所にLED照明を導入する等、様々な手法でCO2削減に取り組んでいます。

 CO2削減を目的とした取り組みは、電気をこまめに消す といった小さなことから、排出権取引という仕組みを利用した大きなものまでたくさんあります。
 まずは、CO2を少しでも減らそうという気持ちで意識しながら生活をすることが、とっても大切ですよね♪

先頭に戻る