人と地球にやさしい会社 興栄商事株式会社

企業排出物の収集運搬とその再資源化・適正処理化の業務を通して
産業と暮らしの両方に貢献する循環型社会を目指しています。

コラム

第6回 地球温暖化について

更新日:2011年4月6日RSS Feed

 環境問題と言えば「地球温暖化」と言える程になってきたこの問題。地球温暖化には、「どんな経緯があったのか」「どんな影響があるのか」などを簡単にご紹介していきたいと思います
 地球温暖化とは、大気中のCO2(二酸化炭素)が増えすぎることで温室効果が高まり、地球の平均気温が上昇してしまうことを指します。
 地球温暖化によって引き起こされる問題は、主に以下の5点が挙げられています。

感謝状

 CO2が急速に増え始めたのは1750年代からと言われています。この頃から工業を中心とした産業が盛んになり、石油など たくさんの化石燃料を燃やすようになったためCO2が多く発生するようになったのです。
 そしてこのCO2は温室効果を持っているため、太陽から放射されている熱を保持します。適量のCO2であれば地球の平均気温は正常値を示すのですが、多すぎれば地球は暖かくなり、少なすぎれば地球は寒くなってしまうのです。
 何事も適量が大事、ということですね!

 CO2が増え始めたのは約260年も昔からの事ですが、地球温暖化が問題視され 特に注目を浴びるようになったのは、1980年代後半に“オーストラリアで開催された国際会議(国連環境計画(UNEP)主催)”や、“気候変動に関する政府間パネル(IPCC)”の設立がきっかけです。

チャレンジ25
 そして今では地球温暖化を防止するために、CO2の削減が必要だと多くの国が考えるようになりました。
 日本では、2009年9月の国連気候変動首脳会合の場で “2020年までに1990年比でCO2を25%削減する”ことを目標に掲げました。これを受けて、政府では「チャレンジ25キャンペーン」等を実施しており、興栄商事でもこの運動に賛同しています。

先頭に戻る