人と地球にやさしい会社 興栄商事株式会社

企業排出物の収集運搬とその再資源化・適正処理化の業務を通して
産業と暮らしの両方に貢献する循環型社会を目指しています。

コラム

第3回 レアメタルって、一体なに??~産出国編~

更新日:2011年2月3日RSS Feed

 各レアメタルにおける第一位の産出国を地図上に表しました。

 地図を見ると、レアアース禁輸で注目を浴びていた中国をはじめ、ブラジルやオーストラリア等の世界各国にレアメタルの産出地域が広がっていることが分かります。レアメタルの鉱床(金属を含む岩石が集まった場所)は地表に出ている物だけでなく、地下、海底にも存在しています。

各レアメタルの産出国 第一位

 しかし、一つ一つのレアメタルに注目してみると、産出国に偏りがあることが多いのです。 例えばタングステン一つを見てみると中国だけで全世界埋蔵量の60%、白金であれば南アフリカだけで90%も埋蔵しているのです!

 それに対して日本では、レアメタルを産出できる鉱床が小さい為に あまり期待できないのが現実です。また、過去にベースメタルの金、銀、銅等が多量に産出されていたものの、今ではすべての鉱山がほぼ掘り尽くされてしまっています。

 このように、日本国内では資源を生み出せないため、資源は外国から輸入しなければなりません。
 また、産出国が限られていることで、一部の国に輸入を依存することになり、外交圧力の材料として持ち出されたり、外国の情勢に左右されてしまうなど 思わぬ問題が生じる事もあります。
 レアメタルのおかげで電子技術が発達する一方で、こういった問題を抱え込んでいるというのもレアメタルの特徴であると言えるのです。

 次回のコラムは最近よく耳にする“レアアース”についてです。レアアースとは一体どんなものなのかについて触れていきましょう!

先頭に戻る